QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール

2015年08月25日

ホルスターについて


毎日を無駄に過ごしている鳥さんです。

時間は平等に流れます。私のようにならないように気をつけましょう。



第二回はホルスターについて。
初心者向けや、今度ホルスターを買い換える人向けです。が


それほどホルスターの数を持っていませんので
数あるホルスターの中の本当に一部のみの紹介となります。



まずこちら、何でも入っちゃうタイプのホルスター





それほどおすすめできるものではないですが
安いので一つ持っておくと便利です。


持ってないので試してないけど、がんばったら小さめのSMGとか入っちゃうんじゃないでしょうか?


大型拳銃だろうが、アクセサリーにライトを付けようが、大体入っちゃうのがこのホルスター

ベルクロでサイズを調整できるので、それなりにタイトに締めれます。


勢いで買っちゃったハンドガンとかリボルバーとか単発式のグレネードランチャーとか
使い方は色々!!


便利な反面ニ ー リ ン グ した際や激しい動きをすると
落としやすいというデメルットがあります。

抜けやすいということ早く抜きやすいということでもありますが

銃が落下して破損や故障する恐れがあるので使用時はそれなりに気を使ってあげましょう。





その次
俗に言うCQCホルスター




BLACKHAWK!のM&Pのちゃっかり実物です。


この手のホルスターはトリガーガードを引っ掛けてロックしてるので、逆さにしても抜けませんし
思いっきり引っ張っても、銃かホルスターが破損するまで抜けません()

少し人差し指でロックを解除してやれば、簡単に抜けますし
直すと自動でロックがかかります。

抜きやすい直しやすいでいいことづくめなのですが
基本的にその銃専用で設計されているので

他の銃には使えない
ライトやマウントベースをつけたり何かしらのカスタムをすると、入らない

またはトイガンは実銃より一回り大きいことが多いので
買ったは良いけどキツキツで銃が禿げていく、削れていく

など汎用性のなさは目立ちます。


ちなみにM&Pは実物ホルスターに問題なく入りますし、10禁のグロック17なんかも入ります。


使いやすいのでレプリカを買ってもいいのですが・・・





このようにみすぼらしい加工をしなければならない場合もあるので
レビューなどを読んで頂いてじっくり検討していただければと思います。

実物を使った感想も付け加えれば、レプリカよりロックの解除はしやすいですし、抜けやすく感じます。
入れるときも非常に軽い力で直ります。

買った当初

実物ってスゲー(小並)

ってなったのを今でも覚えていますが
ぶっちゃけレプリカでも慣れれば問題ないので、わざわざ実物か買う必要は無いかと思います。



余談なのですがBLACKHAWK!のレッグホルスターのプラットフォームより
BLACKHAWK!ジャケットスロット デューティベルトループというプラットフォームがおすすめです。

あくまで個人的になのですが・・・。



さっきから写ってるこういうやつですね(右側)




左側がレッグホルスターのプラットフォームなのですが

見ての通りサイズ差は歴然。持ち運びが楽です。
荷物を少しでも減らしたい私にとってはとてもうれしいです。


ベルトに通してきつめにネジを締めて固定しあるので、この位置からズレることは無いですし
MOLLEシステムにも対応しているらしく、友人はベルト装備にMOLLEで固定しています。

ベルトを付けると同時に、ホルスターも装着できるので手間が減って楽です。

座るときや走るとき邪魔にならずにすごくいいです。


そしてこのプラットフォームも実物なのですが3000円前後で買えちゃいます。

実物のクセに安い・・・。


抜きやすさはレッグホルスターに劣りますが、ヒップホルスターより低い位置にあるので
ヒップホルスターより抜きやすいです。

レッグホルスターとヒップホルスターの中間といった感じ。
また少しアングルが付いていて体とホルスターの間に隙間があり銃が握りやすくなっています。







前後の角度も3段階に変えれるので、なかなかいいです

(購入の際はつけれるかどうかレビューをよく読んでください。)



余談が本編になりそうなので、この辺で・・・。



最後にカイデックスホルスター・・・

なのですが、わたくし所持していませんので、友人からお借りしたときの
記憶を頼りに書きます・・・。

このホルスターは樹脂でできており、上記のCQCホルスターのように意識して外すロック等はありませんが
走っても逆さにしても抜けません

このホルスターは基本的にベルトに通して装着するので高さ的にはヒップホルスターぐらいです。

ライト対応のホルスターを買えばライトをつけたままでも入りますし
直しやすい抜きやすいで、非常にいいです。

このホルスターも対応の銃専用に設計?されてます。

同じ銃でもライトありはライトをつけたままじゃないと固定されない
なんてこともあるようです。


私も欲しいのですが、どうも実物BLACKHWK!より高いので手が出ないでいます・・・。



自作されている方もいるので、知り合いにいれば安くお願いしたいですね・・・。


カイデックスホルスターは玄人向け

というイメージが私にはあるので、手を出しづらいという意識もあります。




以上ホルスターについてでした。

胸に着けたり左側のおなかにつけたりと
色々個性が出るかと思います。

色々悩んで楽しんで、サバゲライフを満喫してください!




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。